婦人科形成でお悩み解決|女子だけの悩み相談会

医者

小さな事から体を守ろう

笑顔

女性器の悩みとして小陰唇が良く相談にあげられるのです。小陰唇が大きくなることで左右のバランスが悪くなることがあります。小陰唇の大きさは通常であれば、1センチから2センチほどと言われています。個人差もありますが、そこまで大きくはないのです。しかし、大きくなってしまうと、大陰唇から小陰唇がはみだてしまうことがあるのです。この小陰唇が大きくなると様々な症状が起きてしまうのです。下着にすれることで小陰唇が黒ずんでしまうことがあります。また、擦れたことが原因で痛みも感じてしますのです。小陰唇は通常の大きさであれば特に問題は無いのですが、大きくなりすぎると小陰唇と大陰唇の間にカスが溜まり異臭を放つのです。そこからあそこの臭いが放たれてしまう原因ともなります。小陰唇が大きくなりすぎた人は婦人科形成のクリニックへ相談してみると良いでしょう。

婦人科形成で手術を受けるときには細心の注意をして手術ができるようにしています。小陰唇は女性器の部分でも大切な部分の一つとしてかけてはならない部分です。その為、傷がつかないようにします。小陰唇は子どもを産むときにも大活躍するのです。このように大切な部分の一部を切除する手術とはなるので、しっかりと信頼のできるクリニックや病院選びをする必要があるのです。小陰唇の手術をうけることで体のケアもしっかり出来るようになり、気になっていたコンプレックスの部分ともお別れをすることが出来るのです。